株式会社ペプタイド ドア 会社案内

代表取締役 鈴木政嗣

経歴 96年東北大学理学部生物学科卒業後、太陽誘電株式会社入社総合研究所勤務。 99年子会社太陽化学工業株式会社に出向し、バイオ部門の立ち上げを行った。 02年バイオ部門を買い取り、ペプタイド ドア設立。
出身地 東京都世田谷区
血液型 B型
趣味 スキー・サッカー・ジェットスキー・釣り・生き物飼育・植物栽培 etc.
VG商品化に
おける役割
【化粧品販売の事業・販売計画策定、営業、素材の研究開発】
今回開発したヘキサペプチド-20の新規で未知なる働きを見つけたことですね。でもそのくらい。殆んどは他のスタッフのお陰。開発の為の資金調達や販売計画、化粧品開発顧問とのスケジューリングや営業などは行いました。一応社長だったりするので(笑)。
VGに対する思い 医薬開発の片手間などではなく、真剣に取り組んだ製品です。皆様に満足感を持って使われながら、大きく育っていくと嬉しいですね。売上収益のうち大きな割合が、社内で行われている、途上国での安価で安全な百日咳ワクチン開発にも充てられます。社運だけでなく、大きなものを背負った勝負の一品です!

取締役 小見宏幸

出身地 群馬県前橋市
血液型 B型
趣味 スノボ、ドライブ、旅行
VG商品化に
おける役割
【薬事担当、品質管理、素材の研究開発】
研究開発の過程で機能性ペプチドのスクリーニングをおこなっており、その中でヘキサペプチド-20を発見しました。ヘキサペプチド-20を化粧品素材として使用できるように更なる開発や評価をおこなってきました。また新ブランドである「ヴィーナスギア」の立ち上げのため社員一丸となりブランド名、ロゴなど商品化へ向けた準備や化粧品では重要な使用感に関する処方検討にも携わってきました。 化粧品を販売するには薬事法を遵守しなければならないので、薬事関連書類作成や申請業務をおこない、晴れてVGヴィーナスギアwを発売することができました。
VGに対する思い ヴィーナスギアにはヘキサペプチド-20を配合しています。ヘキサペプチド-20は発見から開発・評価まで素材として深く関わってきました。本当に良いもの使っていただくように開発した化粧品素材を配合しているヴィーナスギアなので多くの人に知っていただきご使用いただけたら大変ありがたいです。

取締役 小林友美

出身地 群馬県高崎市
血液型 A型
趣味 手芸、天然石、愛犬の散歩
VG商品化に
おける役割
【商品企画、安全管理と情報収集、販売管理】
ブランド名、ロゴ作成をはじめ、モニター様の測定をさせていただき、貴重なご意見感想をおうかがいさせていただきました。
VGに対する思い ヴィーナスギアはブランドコンセプトでもご紹介させていただいておりますとおり、女神の持ち物である愛と美から名づけられました。女神の美を皆様にも持っていただき、そしてその美しさでみんなを愛してください。皆様の愛と美が手から手へ伝わっていき、みんな笑顔になれたらとても嬉しく思います。

元東北大学大学院生命科学研究科 教授 生化学部門CSO 高木 尚

出身地 群馬県伊勢崎市
血液型 B型
趣味 テニス、バドミントン。乗馬、旅行、読書
業務内容 会社でただ一人の年寄りです。他は皆若いです。生化学部門を担当しています。会社で開発したペプチドの分析や、ペプチドの性質を調べています。
メッセージ ペプタイドドア社では、今回ヘキサペプチドを使った新製品「ヴィーナスギア」を開発しましたが、他にも化粧品ではありませんが幾つかのペプチドが、医学・薬学・生物学の分野で利用されています。これからもさらに新たのペプチドの開発をしてゆきます。

External advisor of Peptide Door Dr. Nicholas J Ede

1. Where do you live in?
  住所は?
Melbourne Australia
オーストラリア、メルボルン
2. What is your hobby?
  趣味は?
Yacht racing
ヨットレーシング
3. What and how do you think the possibilities of the SF-1 peptide?
  ヘキサペプチド-20(SF-1)の可能性は?
Peptide Door has brought a new level of science and sophistication to skin brightening. SF-1 is a product arising from the biotechnology industry for the benefit of women looking for a skin brightening product that works because it was designed to work from conception to market.
ペプタイド ドア社は洗練された、新世代の肌ブライトニング素材をもたらしました。SF-1(ヘキサペプチド-20)はバイオテック企業が開発した、お肌の輝きを求める女性に喜びを与える素材なのです。今回の製品は、市場の要求に応えるべく産み出されたもので、きっとお役に立つでしょう。

このページの上部へ▲

事業案内

当社は疾患に関連するタンパク質や糖脂質などに親和性を持つペプチドをファージディスプレイ法と呼ばれる方法で探索しています。ここで得られた機能性ペプチドを用いて、医薬や検査薬を開発する事業を展開しています。

ファージディスプレイ法はファージの先端に様々な配列のペプチドを発現させたライブラリー(ファージ群)を作製してターゲット物質に結合するペプチド配列情報を取得する方法です。この方法を使用することで10億種類以上のペプチド配列の中からターゲット物質に結合して機能を発揮するペプチドの取得が短期間で可能になります。

こうして得たペプチドを用いて、以下のようなプロジェクトを推進しています。

主な事業内容

ファージディスプレイ法

ファージディスプレイ法の図

このページの上部へ▲

会社概要

社名 株式会社ペプタイド ドア (PEPTIDE DOOR CO.,LTD.)
所在地 〒370-0854 群馬県高崎市下之城町936-14 高崎市産業創造館 204
TEL. 027-346-6702
FAX. 027-346-6709
E-mail pep-szkmstg@peptide-door.com
URL http://www.peptide-door.com/
設立 2002年7月
資本金 201,025(千円)

役員

代表取締役 鈴木 政嗣 Masatsugu Matt Suzuki President CEO
取締役 小見 宏幸 Hiroyuki Omi  
取締役 小林 友美 Tomomi Kobayashi  
監査役 鈴木 克己 Katsumi Suzuki  
生化学部門CSO 高木 尚 Takashi Takagi 元東北大学大学院生命科学研究科 教授
社外アドバイザー   Dr. Nicholas J Ede Imugene Executive Director

このページの上部へ▲

地図

大きなウィンドウでみる

このページの上部へ▲